利食いのポイントは一歩後


よく質問で利食いのタイミング(売り時)が分からない
といわれます。

松下誠 FXウィークリーレポート
投資をしていると悩むポイントの1つかもしれません。

せっかく利益が出ていても、利食いのタイミングがずれてしまうと、
利益を大きく目減りさせてしまう事になります。

上昇したまさに最高値の頂点で利食いができればいいのですが、
それは不可能に近いです。

そこにエネルギーを注ぐよりも、もっと他の事にエネルギーを
注いだ方がいいでしょう。




できるとしたら、最大限上昇する一歩前か、一歩後の利食いです。
それが最上の利食いポイントです。



楽で、現実的で、利益も安定して大きいのは、一歩後の
利食いです。一歩手前ではありません。




一歩手前で利食いをしようとするということは、最大限に
上昇するポイントと思って利食いをするわけですが、あくまでも
その最大限と思うポイントは自分の頭の中にある最大限であって、
現実の最大限のポイントではありません。



つまり自分の考えの範囲を出ることはありません。




流れが大きく一方的に動いたときには、自分の考えられる
範囲なんて大幅に飛び出して、たった一つのポジションが大きな
利益を生む事になることもあります。



一歩手前で利食いをしようとする場合は、そういう考え
以上の利益は出ないという事です。




一つ目のポイントとしては、最大限上昇したポイントから
少し下落したポイントです。



もう1つ利食いの重要なポイントは、1つの波のサイズを
利益にしていくのか、2つ3つ4つをまとめた大きな
アップを狙っていくかどうかです。



松下誠さんの場合は、中長期の投資スタイルなので、
少し大きな波をいつも狙っているとのこと。


松下誠 FXウィークリーレポート
具体的には、数ヶ月続く上昇の波を狙って
利益を生み続ける投資をしておられるそうです。



ただ大きなアップの波をとっていく場合は、途中で数日間から
数週間続く少し大きめの下落(調整)を経験する事になります。



売り時が分からないという人は、こういった“相場の流れ”
が全く見えていないか、そのアップがいつまで続くかという
“シナリオを想定”できていないか、あるいはその両方です。



波のサイズを知るという事は、すべての相場にあるアップと
ダウンの“周期”を知る事です。



これは、サイクル理論をしっかりと学ぶ事で見えてきます。

すべての相場に現れる波の周期を大きく捕らえて、


“波のサイズを知る”

利益を上げていき、損失を減らすのにはとても重要な事です。
ぜひ、心がけてください。



オープンソース